転職を考える瞬間ってどんな時?

私が、今まで転職を繰り返してきて、どんなときに転職を考えているかというと、それには1つの共通点があります。それは、その仕事に対してのモチベーションが著しく下がってしまったときです。

 

では、どんなときにモチベーションが著しく下がるのかというと、それはもうその職場で昇進する可能性がほぼないと確信してしまったときです。

 

新入社員としてその会社に入った頃は、すべてが新鮮にみえ、どんな人がいるのかもわからず、ただ目の前の仕事を1つ1つこなしていくことに、とてもやりがいがあります。しかし、何年かそこの会社で働いてみると、その会社のシステムや人間関係がわかりすぎるほどわかってしまい、それを考慮して自分の昇進を考えたとき、それが限りなくゼロに近いとわかってしまう瞬間があります。

 

その瞬間を感じてしまうと、私はモチベーションが著しく下がってしまい「もうここにはいられない」と転職を考え始めるのです。

 

やはり正社員を目指したい

私は転職活動をしたことがありますが、正社員しか考えていませんでした。そのように考えるようになったのは、待遇面が非正規社員とは大きく違うからです。以前いた会社でもパートや派遣、契約社員の人がいましたが、給料面や福利厚生面で正社員と大きく差がありました。

 

正社員でよかったなと私が感じたときというのは、雇用がしっかりとしている点です。契約社員の方などは3ヵ月程で契約を延長するかどうかの面談をしていました。主婦の方や副業としてやっている方はその働き方でよいかもしれませんが、その仕事で生計を立てている人には不安な雇用形態だと思います。

 

またボーナスが出ることも大きいです。
私の会社では非正規の方にも寸志として出ていましたが、正社員と比べると大きく金額が違います。生涯賃金などを考えても、長く働き続けていると差が大きく出てきます。

 

これらの点が、私が正社員を目指して就職活動をした理由であります。ただ一概に正社員がいいとは言えません。現在はフリーランス、委託など様々な働き方が増えています。それぞれにメリットがあると思いますので、自分に合った働き方をすればいいと思います。

 

正社員として雇ってくれる所は少ない?

正社員で雇ってくれる転職先を探すのはとても難しいことだと思います。大学生で就職活動をして正社員になるのも大変だからです。スムーズに転職先を見つけるためには学歴や資格が必要です。転職したいと思っている会社に必要な資格や経験を持っていれば採用してもらえる可能性が高くなります。

 

求人サイトを見てみるとマンションプランナーの会社が正社員を募集していました。マンションプランナーとはどのような仕事なのかというと不動産投資に興味があるという人に分かりやすく投資用マンションを紹介するというものです。上司と先輩がサポートしてくれるので未経験でも活躍できます。20代から30代前半の女性が多い職場です。

 

不動産投資について興味があって人と話をするのが好きだという人にピッタリの転職先です。いろいろと調べてみた結果、未経験者でもOKの転職先は給料が安めで経験者を優遇している会社は給料が高めでした。未経験者で給料が安くても頑張れば給料アップを目指していけます。

 

正社員への転職でおすすめエージェント
女性の正社員転職サイトを紹介

 

転職する前にしっかりと下調べをした方が良い

 今現在正社員として働いているのであれば、余程の事がない限りは転職しない方が良いと思います。それは今正社員の募集が少ないからです。もし正社員を募集していたとしても、セールスや営業、販売、飲食業、製造業、介護関係といった職種に限られているみたいです。

 

 それ以外の事務職になると、派遣や契約、アルバイトといったスタイルが多いみたいです。今の仕事から転職する職種がそういった仕事だったら良いのですが、それ以外の職種だと正社員になれる確率が少ないので少し慎重になって考えた方が良いと思います。

 

 もしもセールスや営業、販売、飲食業、製造業、介護関係の仕事に興味があったとしても、仕事内容が肉体的にもきつかったり初対面の人とのコミュニケーション能力も問われるので、自分にはそういった適正があるかどうかといった事もしっかりと考慮してから転職について考えた方が良いと思います。

 

 他にも表面的にはわからないその職場独自の人間関係や職場環境等があるので、安易にもっと高いお給料が欲しいからと転職に踏み切るのはやめた方が良いと思います。

 

仕事ぶりを評価してくれる会社に転職

以前、電算写植オペレーターの仕事をした時です。この仕事は、雑誌などの文字を打つ仕事ですが、ワープロと違って、文字を打つだけでなく、文字の大きさ、行間、罫線などの指示等を入力する、難しいコーディングという仕事がありました。専門職ですから、難しい事を幾つも覚えなければなりませんでしたが、努力して一ヶ月位で、一人前の仕事ができるようになりました。

 

ですが、社長は、単に打った文字数を報告するように指示を出し始めました。私は、真面目で豆でしたので、チーフは、文字の脱字を修正する仕上げの仕事ばかりをさせました。当然、私の文字数は0です。新規の仕事をさせてくれずに、他の人が打って、間違えた部分を修正する仕事ですから。

 

社長は、そんな事一切知りません。
給料を上げてくれる面接の時に、社長は、「チーフの○○さんが、頑張ってると言ってるから上げてやるけど」と、言ったのです。
その時、私は我慢の緒が切れました。

 

他人の尻拭いをさせられているのにと思うと、悔しくて仕方ありません。きちんと一から仕事を任せてくれて、仕事ぶりを評価してくれる会社に転職しました。そこで、一番仕事のできる人と肩を並べて、仕事をしました。そこでは、私の仕事ぶりをきちんと評価してくれたので、良かったです。

 

死に物狂いで転職するぞ

今は県の嘱託の職員をしています。嘱託の機関は最高で5年間そして、今季でその5年が終わるのです。そうです、転職活動をしなければいけません。贅沢を言わなければ仕事はあると思います。でも、やはり贅沢は言いたいのです。金銭的に少しは余裕のある仕事がしたいと思っています。

 

そして、今回嘱託という非常勤職員として働いてみてわかりました。会社によってさまざまだと思いますが、とくにこのような公的な職場はそうなのかもしれませんが正規職員と非正規職員の格差が激しいです。

 

福利厚生が最悪です。交通費なし、賞与なし、健康診断は自費、その他もろもろ手当もありません。唯一あるのは残業代と有給くらいでしょうか。その程度しかありません。それに公務員はバイト禁止というルールを公務員ではない嘱託の職員にも押しつけられるのです。

 

本当は禁止じゃないのに職員ですらそう思い込んでる人が多いのが現状なので、次は何がなんでも正社員になりたいのです。小さな会社でもいいのです。とにかく正社員になってきちんとした福利厚生を受けたいのです。そのために、今から死ぬ気で何社も受けていこうと思っています必要なのは強い心!そう思っています。

 

私の転職体験

正社員で予備校スタッフとして働いていましたが、夫の病気で介護の為に転職を決意しました。
当時まだ勤務して1年ほどで、せめて3年は働きたかったのですが、急な病気な為に、病院と家から近い異業種の会社へ転職活動を始めました。

 

転職しようと思ってまず初めにやっと事は、上司への退職の意思の説明です。指導してもらい、辞めるのは心苦しいですが、介護の為ということで説明して納得してもらいました。退職の何週間か前に辞表を出してくださいとの事で、書き方をしっかり調べて提出しました。次に新しい会社を探して、面接にいきました。私はハローワークで希望の駅と業種で検索して、紹介してもらい、面接まですぐにいく事が出来ました。1週間後、合格の連絡をもらい、無事に次の会社が決まったのですが、転職活動はすごく大変でした。前の仕事をつづけながら、ハローワークへ通い、履歴書を書いて、面接をして。家事もあったので本当に大変でした。できれば、二度と転職はしたくないです。

 

順番を決めて、効率よく転職活動する事が大切かもしれません。

 

転職はよく考えて!

私は短大を卒業してから10年間、同じ会社で正社員として働いていました。
ですが10年同じ会社に居て同じ仕事をしていると、いろいろ不満が出てきます。

 

やっている仕事内容の改善も10年で終えてしまい、転職したいと思うようになりました。その意思を私の尊敬する上司に伝えたときに

 

「次にやりたい仕事が明確でないのに辞めさせる訳にはいかない。」と言われました。それを聞いて「確かにその通りだな。」

 

と思ったことを憶えています。ですが私はすぐに辞めたいと思っていたため結局退職してしまいました。そして退社してから

 

「私は次にどんな仕事がやりたいんだろう?」

 

と悩み「決めてから辞めても遅くなかったな。」と思いました。会社を辞めてから初めて分かる会社の良さや、会社を辞めてからの自分の保険の負担などを知り「会社に所属していることで恩恵を受けていたことがたくさんあったんだ。」と分かりました。今仕事を辞めたいと考えている方は、次に入りたい会社や、明確な目標を決めてから辞めることを私はお勧めします。

 

転職を考えたなら、まずはこちらをチェックしてみて下さい。
転職に役立つ知識から、転職をサポートしてくれるサービスまで紹介されています。

転職する前に。
転職は仕事をしていれば常につきまとっている言葉ではないでしょうか?
仕事をしていれば、もっといい上司に恵まれたい、もっと給料をもらいたい、もっとスキルを上げたいなど色んな欲を持っていると思います。そして転職を考えるようになり、転職していく人が多いのではないでしょうか。。ではそんなに簡単にプラスになるような転職って出来るものなのでしょうか?
思っているより、新しい職場を探すことは簡単ではありません。いざ、転職して仕事をスタートしたら自分の想像とは違ったというのは結構ある話です。転職エージェント選びで間違ってしまったらスタートダッシュにし損ないます。参考:転職エージェントの評判と口コミ
最近転職を良しと考えている人が多いようですが、転職ばかりしていると長続きが出来ない人というレッテルを貼られることにもなりかねません。
転職を考える前に今働いている会社について改めて考えてからでも遅くはないです。寧ろ、冷静になって考えることで見えなかった部分が見えてきます。前の会社の方が良かったと後から気づいても遅いです。そんなことにならないためにも今の会社を改めて見て下さい。辞めることはいつでも出来るので冷静な判断で賢い転職をしましょう。