社会人としてのキャリアをしっかり考えよう

若い頃には、自分の好きなことを仕事にしたいと思っていました。しかし、実際にそれを仕事にするほどの実力はなく、結局ありきたりのOLとして就職しました。好きなことを諦めたせいか、どんな仕事も同じ、ただお金を稼ぐための手段だという考えを持つようになってしまいました。そのため、やりがいを求めることもなく、ただ言われたことだけをこなしていたような気がします。
しかし、やはり現実は厳しいものです。そのような気持ちで働いていた勤め先は不況の波に煽られ、転職を余儀なくされました。そのとき、私には何も残っていないことに気が付いたのです。
転職をするためには、やはりそれなりのキャリアと経験が必要です。今、私のするべき仕事、やりたい仕事はこれではないと感じていたとしても、その仕事をしている以上は、そこにやりがいを見出さなくてはならないのでしょう。それを見つけることが、社会人としてのキャリアであり、転職の際の強みになるのだと思います。そして、それができなければ、転職しても何も変わらないのだと思います。

社会人としてのキャリア記事一覧

30歳を過ぎて、特に良い出会いもないし、この先、結婚したいという気持ちもない私・・・。家と職場の往復の毎日で、だからといって、夢中になれるほど今の仕事にやりがいを感じているわけではありません。このまま、ずっと歳をとっていくのか?それでよいのか?最近ずっと、そんな自問自答を繰り返してばかりいます。友達は結婚して母親になっている子、公認会計士や司法書士、弁護士などの資格を取得してキャリアウーマン街道ま...

一般企業の総合職や事務職、営業職などと異なり、専門職種の転職はよく考えた方が非常に望ましいです。なぜならば、専門職種の場合はほとんどの場合、企業やその人材などは大体チェックされている場合が多くあります。また、ほとんどの場合、業界内での知り合いが面接官や審査官になることが多くあります。従って、能力などが公平に評価されることは少なく、やはり人脈などが主に決定要因となります。それゆえに、専門職種への転職...

生きていく上で、仕事は欠かせないものです。就職をしても、それが天職とは限らないので、不満も出て来るものです。そんな時は、転職を考えても良いのではないでしょうか。転職を考えた時に有利になるのは、やはり資格を取る事でしょう。家で出来る資格の勉強には、通信講座がおすすめです。様々な資格がありますが、家で空いている時間にいつでも出来る通信講座は便利です。女性なら結婚や出産で仕事から離れた人でも、資格があれ...

転職のポイントは、とにかくむやみに焦らないことです。今の待遇に少々の不満があったとしても、急いで転職してしまうことは、さらに状況を悪化させる可能性があります。主に転職を目指す理由としては、自分のやりがいや勤務体制あるいは給料の改善だと思います。転職をする際にはきちんとこれらが、自分の希望に適するかどうかをじっくりと面接等で聞く必要があります。転職したい一心で内定ばかりに気をとらわれてしまうと入社し...